「力を合わせてできること」コンテストシリーズ

「視力」編 アーカイブ

「力を合わせてできること」コンテスト・シリーズ「視力」編は終了しました。 ライオンズクラブ国際財団 による回避できる失明の予防と視力の回復における活動については、以下からご覧ください。

当選者を見る

今月のコンテストに応募する

リーダーボードをチェック

微笑む3人の子供

50周年を迎えます!

1968年以来、LCIFは交付金事業を通じて世界中のライオンズの奉仕を支えてきました。当財団は、ライオンズ主導の人道支援活動の中でも特に影響力の大きな事業を可能にしています。

詳細はこちら

視力検査を受ける女性

視力を贈ろう。

LCIFの視力プログラムには、眼科医療システムの開発と改善、視力回復の手術と治療、眼病予備群に対する医薬品の配布などがあります。

詳細はこちら

眼科手術を受け嬉しそうな少女

私たちは人生を変えています。

LCIFがジョンソン・エンド・ジョンソンとの協力で行っている事業により、バンコクの少女の世界ははっきりと見えるようになりました。財団が癒やしている何百万という子供たちのほんの一例です。

ビデオを観る

にはメガネを寄付できる。
私たちには回避可能な失明の主因と闘うことができる。

トラコーマは最も古くから知られている感染症の一つで、繰り返し感染することで約800万人が回復不能な失明に陥っており、さらに8,400万人が治療を要する状態にあります。中でも感染しやすいのは、アフリカ、アジア、中南米、中東、オーストラリアの都市部から最も離れた最も貧しい地域に住む子供や女性です。

LCIFの「視力ファースト」プログラムは、1999年以来トラコーマとの闘いを続けており、公衆衛生上の脅威であるこの予防可能な眼病を2020年までに撲滅する世界的な取り組みに参加しています。カーターセンター、ファイザー社、そして国際トラコーマ・イニシアチブといったパートナーを通じ、LCIFはすでにトラコーマ治療に使われる抗生物質「ジスロマック©」2億5,800万回投与分以上の提供を支援しており、また1,000人以上の外科医の研修と40万件以上の睫毛乱生手術を実施しています。

力を合わせてできることコンテスト:

「視力」編 - 終了しました

このコンテストは、2017年11月28日~12月31日に実施されました。このコンテストを始めとする毎月の当選者には、LCIF50周年記念メダルが当たるほか、ラスベガスで行われるライオンズクラブ国際大会でのLCIF表彰イベントへの招待状も贈られます(旅費、大会登録費は含まれません)。

当選者を見る

今月のコンテストに応募する

受付終了 受付終了

コンテストカレンダー

2018年2月 ライオンズクエスト 近日公開
2018年3月 災害援助 近日公開
2018年4月 パートナーシップ 近日公開

コンテスト当選者 - 「視力」編

「力を合わせてできること」コンテスト:「視力」編の当選者の皆さん、おめでとうございます!今月のコンテストに応募して、あなたもこの仲間に加わりましょう。

今月のコンテストに応募する

当選おめでとう
ございます!

  • Marielvi del Carmen Vasquez Pabon (Español)
  • Christiane Lafeld (Deutsch)
  • Claude Cappez (Français)
  • Kalevi Sillanpää (Suomi)
  • Ignazio Anglani (中文 (简体))
  • Chiang Wen Chung (中文 (繁體))
  • Maria Claudia Cavaliere (Italiano)
  • Gloria Uyeno Komatsu (Português)
  • Jonny Andersson (Svenska)
  • Koichiro Kenny Murakami (日本語)
  • Harshal Wandile (हिंदी)
  • 이상ㅇ (한국어)
  • Roshan Barnwal (English)